ホームページ・ブログ作成

これからのお店のサイト作成:未来の専門職のホームページ集客はこうなる

これからのお店のサイト作成

こんにちは。鈴木貴之(@shiogamabtc)です。

現在、関東にある司法書士事務所の先生へブログ(サイト)集客のコンサルティングを行っているのですが、今まで薄々と感じていたこと、そして学んできたことが明確になってきましたので、この記事でお伝えしたいと思います。

 

ひとつのサイトで、すべてのサービスを売るのは難しい時代に

これからのお店のサイト作成は、特に様々なサービスを提供していて、顧客層が複数あるという場合に【ひとつですべてに対応するサイト】では難しくなると考えています。

多くの場合、一つのお店が持つホームページ(サイト)の数はひとつです。

でも、これには致命的な欠点があるのです。

ホームページを使っての集客を考える時に重要なポイントは2つあります。

① 検索されるキーワードで、かつ検索上位に表示されるか?

② ホームページを訪れた時に「これは私が探していたお店だ!」と思ってもらえるか?

ひとつのサイトだけで、複数の専門キーワードで上位表示させるのは簡単ではありません。

現実として「私はあれもこれもそれもできます」という方であっても、それをそのままサイト上で表現してしまうと、「なんでもできる人」として認識されます。

Googleは「何でも屋」よりも「専門家」を上位表示させる傾向があります。

同じサイト上に複数の情報があるサイトよりも、一つの分野に特化した情報があるサイトの方が上位表示されやすいということです。

それは、Googleが検索結果に「検索者が検索をする意図を満たすサイトを表示したい」と考えているからです。

だって、そうでしょう? 検索意図に沿わないサイトばかりが表示されたら、検索者はGoogleを使うことを辞めてしまいます。だって、求める情報が見つからないのですから。

だから、Googleは「検索意図を満たす情報」が書いてあるサイトを上位に表示させます。顧客の方を見ているとそうせざるを得ないのです。

検索意図に応えるのがサイトの使命であれば、一つのサイトですべての検索意図を満たすのは非常に難しいので、この方法でサイトを作成することでSEO的にも結果が出やすくなります。

【検索意図】に関してはこちらの電子書籍に詳しく書かれてあります

そういう事情を知っていたら、「うちは何でもできます」というサイトよりも、「うちはこれの専門家です」というサイトの方が上位表示される理由が分かると思います。

そして、一つのサイトだけだと少数のキーワードしか押さえられないので、複数のサイトを作ることで、役割を分担して総合的に抑えていきましょうというのです。

それぞれのサービス内容・顧客層に合わせた【ミニサイト群】を作っていくことが大事なのです(何を中心にするかは、業種や状況に応じて変わるので、分からない方は相談していただければと思います)。

 

多くの経営者が軽視している顧客の感情

お店の経営者が軽視しているのは、顧客に「これは私が探していたお店だ!」と思ってもらえるかどうかというところ。

下手をしたら、「なんでもできるお店」と見られた方が良いと考えているケースすらあります。

でもそれは違います。

だって、考えてみてください。

心臓の病が発症したら、心臓が専門の医者に診てもらいたいはずです。

脳に病が発症したら、脳が専門の医者に診てもらいたいはずです。

そこらへんにいる町医者には間違っても見てもらいたくないはずです。

人は、オールラウンダーよりも専門家、プロフェッショナルに自分の問題を解決してもらいたいと思っています。

「これは私が探していたお店だ!」と思ってもらえるかどうかって、とても大切なのです。

例えば、「私は司法書士なので不動産登記、会社の登記・供託の手続き代理、裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成、簡易裁判所における訴訟・調停・和解等の代理、法律相談、企業に関する法律事務を行う企業法務、成年後見事務、多重債務者の救済、消費者教育、相続・後見・遺言・生前贈与・家族信託など何でもできます」と言うのはこれとは正反対です。

そうではなく、「私は他のことは並の司法書士並みにしかできませんが、●●という分野にかけては他の誰よりも詳しく、経験が豊富です。もし、この分野でお悩みでしたら、一度ご相談ください。相談料は無料ですし、無理な営業も絶対にしません」と言った方が良いのです。

「なんでもできるのが良い」と思っているんは本人位で、見込客側から見たら自分が困っている分野で実績のある専門家の方が良いのです。

みんな、すべての分野での専門家などいないと知っていますし・・・。

一つのサイトですべての顧客層をカバーしようと思うとどうしてもナビゲーションが複雑になり、欲しい情報にたどり着けないし余計なノイズ(情報)が入るようになります。

それに対し各顧客層に合わせたミニサイト群があれば、それぞれが対応してくれるし特化しているので、欲しい情報にたどり着けなかったり、顧客が興味を持ったところから「この人にお願いしたい」というところにたどり着けずにサイトから離脱してしまうということはなくなります。

ぜひ、この記事の内容を参考にサイトを作成してみてください。

これからのお店のサイト作成

 

BTCビジネスソリューションズ

営業時間:9時から21時(日曜・火曜日定休)
〒985-0024 宮城県塩釜市錦町4-3
090-6686-4443

稼げるホームページの作り方
サービス一覧
お客様の声
お問合せ
・電話でのお問合せ 090-6686-4443