コピーライティング

コピーライティングの能力を高める具体的な3つのステップ

コピーライティング 能力を高める方法

こんにちは。 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。

この記事ではコピーライティングの能力を高める為の具体的な3つのステップについてお話をしていきます。

なぜこのような記事を書こうと思ったかというと、コンサルティングをしていく過程で必ず文章力が必要になるからです。だから、私のクライアントさんじゃなくてもこの内容は役に立つと思ったのです。

この場合の文章力とはいわゆるコピーライティングの技術のことです。この力があれば同じ時間とお金を使って集客したとしても、結果が全く異なるということがよくあります。自社サイトへのアクセス数が同じでも、売上としては全く異なったものになるのです。

しかしながら、多くの場合コピーライティングの技術を先天的に持っている人はまれです。

だから、私がコンサルティングをする時は必ず文章指導がその中に入ります。そうしてこそ他の部分が最大限生きてくるからです。

そうして指導していくとだんだんと文章力が付き、その結果私がずっと指導していなくても自分で書けるようになっていきます。ほぼすべてのクライアントさんでそういう結果が出ているのです。

それだけ私の指導内容は本質に近いのではないかと考えています。自画自賛ではありますが・・・。

コピーライティング能力を高める為に今までしてきた指導をまとめ、3つのステップに落とし込みました。それが下記のものになります。

1.顧客を知る

2.写経する

3.書いて、見せて、分析する

この流れでコピーライティングを学べばほぼ必ずあなたのコピーライティング能力は向上します。

それでは詳しくお話していきましょう。

コピーライティング能力を高めるステップ1.顧客を知る

コピーライティング能力と言うとまず思い浮かぶのが「文章を書く力を高める」ということ。

「文章を書く能力を高めるにはどうしたらいいかというと、たくさん文章を書くと良い」

そう考えている人が多いのですが、これは間違いです。

たくさん文章を書いても何も考えずに書いたら意味がありません

ではどういう文章が良いのかと言えば、それは読み手によって異なります。

例えば一口に英語を学べるスクールと言ってもライザップイングリッシュのように短期で高価格帯のものもあれば、オンライン英会話のように安くて多くできるタイプのものがあります。

そしてこの場合重要なのは、どちらも共存できているということ。

どちらかだけしか生き残れない、ということはないということです。

なぜどちらも生き残れるのか。それは、それぞれが異なる顧客の異なるニーズ・欲求を満たしているからです。

ライザップイングリッシュはどういう人が自社の顧客となるか、そして彼ら・彼女らがどういう目的で自分のスクールに来るかをよく知っています。

だから、ライザップイングリッシュの文章は「自社の理想の顧客層」に向けてピンポイントで書かれています。もちろん文章だけではなく、写真などのクリエイティブ、生徒の感想なども同じです。

文章がとがっているからこそ読み手がその層であれば刺さるのです。

釘の先が丸ければトンカチでたたいても刺さらないように、メッセージが丸ければ誰にも刺さりません。

自社の商品・サービスを利用することでどんな顧客のどんな悩みが解決して、どんな未来を見せることができるのか。それを知ることで最も適した言葉を選ぶことができ、文章が書けるようになるのです。

その人がどんなことに価値を感じていて、どんな人生を歩んでいて、どんなことに喜び、どんなことで悲しく思い、どういう風になりたいと思っているのか。

顧客を知らずして、心に響く文章を書くことはできません。

コピーライティング能力を高める第一歩は、まず何と言っても「顧客を知ること」なのです。

考えてみてください。

「私はあなたのことをよく知らないけど、私の商品が一番良いことは間違いありません。買ってください」

と言われたらどう思いますか? もちろん買わないでしょう。それどころか「何だコイツ!」と思うでしょう。

でも、残念ながら多くの人の文章はまさしくこのような形になっています。

もちろん「私はあなたのことをよく知らない」なんて直接的には言わないでしょう。でも、あなたの文章(メッセージ)を見ている見込客はそれを見抜きます。

「あ、この人、私のこと何にも分かっていない・・・」

と。

大事なことを言います。

最大限の結果を出すコピーライティングとは、

A)見込客にあなたのことをよく知っていると思ってもらうこと

であり、かつ

B)見込客にあなたが彼ら・彼女らのことをよく知っていると思ってもらうこと

なのです。

もしあなたが

「私はあなたのことをこれだけ深く理解しています。そして、そうであるからこそ、あなたのこの悩みを解決する方法として、私の商品が一番適切であることを知っています。なぜそうなのかというと、理由はこれこれこうです。この商品が欲しい場合はこういう風に連絡してください」

と言えれば、これは先ほどの下記の言葉とは全く違うものであることに気づくでしょう。

「私はあなたのことをよく知らないけど、私の商品が一番良いことは間違いありません。買ってください」

支払う金額が高ければ高いほど、人は「自分のことを理解してくれている人」から買いたいと思うものなのです。

 

コピーライティング能力を高めるステップ2.写経する

さて、次のステップは「写経」です。

写経とは何かというと、優れた結果を出した文章をマネして書いてみる、ということです。

何を隠そう私自身もこれを行い、その結果クライアントさんとの話を聞いていく中で「売れるポイント」が分かるようになり、その指導ができるようになったのです。

そして、今でもこの「写経」は私の大事な日常のルーチンの一つです。これはコンサルタントとしての義務だとすら思っています。

クライアントさんの文章添削をしている時に「こう書くと良いよ」と言って文章の例を書くことがあるのですが、するとよく「なぜ鈴木先生はこういう文章をすらっと書けるのか?」と質問されます。その答えがこれです。「写経」をしているから、その内容が私の体の中に蓄積しているのです。

でもまだ待ってください。「写経」を始める前に重要なことがあります。

それは、

基本を知る

ということ。

まずはコピーライティングについて、基礎的な情報を知ろうということです。

私がオススメな書籍をいくつか挙げておきます。

まず第一にオススメなのがこれ。

基礎中の基礎を学べ、かつ先ほどの「顧客を知る」為の10の質問も本書にはあります。コピーライティングの入門書であり、私が今でも使っている本です。

次におすすめなのがこれ。

created by Rinker
¥1,760
(2021/07/26 09:24:31時点 Amazon調べ-詳細)

主にオフライン系のコピーライティングについて書かれている本ですが、もちろんオンラインにも使えます。結果の出た事例も多いので即使える内容が多く、「写経」にも最適です。

もう一つオススメなのはこれ。

現代広告の心理技術101

消費者心理の17の基本原則から相手の頭の中に入る方法が学べます。

まずはこの3つから始めるといいでしょう。この3冊から基本を学び、写経を始めましょう。

その際に重要なポイントは3つ。

見るべきところ①言葉を見る

見るべきところ②構成を見る

見るべきところ③オファーを見る

詳しく見ていきましょう。

写経の際に見るべきところ①言葉を見る

まず誰もが注目すると思うのが、言葉。ないしは言葉遣い。

自分が思いもつかないような言葉が並んでいることがありますので、ぜひそういう言葉を見つけたら自分だけのノートを作り、そこにまとめていきましょう。

写経の際に見るべきところ②構成を見る

写経時に意外に見落としがちなのがここ。

構成を見るとは、「どういう順序で話が展開していくのか」を見抜こうということです。

結果が出ている文章を書く際に、0から書くのは素人です。時間も掛かるし、当たるか当たらないか分からないので無駄になることも多い方法です。

そうではなく、結果が出ている構成を写経し、体得し、真似をする。各順序を知っておくことで、文章を書くスピードが何倍にも速くなります。

これこそが結果の出るコピーライティング能力を高めるコツです。

ちなみに、最も古典的な構成はAIDAの法則です。

または、先ほどの禁断のコピーライティングに出てくるPASONAの法則も同様です。

きちんと売上につながっている文章の構成を見ることは、コピーライティングの骨組みを得ることと一緒です。それが複数あることで、あらゆるものの文章を書くことができるようになるでしょう。

写経の際に見るべきところ③オファーを見る

そして3つ目がこれ。オファーです。

オファーとは「その文章を通して文章の読み手(動画や音声なら視聴者)にとってもらいたい次の行動を促す何か」です。

正直、一生懸命売れる文章を書けるようになっても、ここが弱ければコピーライティング能力は低いと言わざるを得ないでしょう。

見込客のことを理解していて、心を動かす文章が書けても、それを通してとってほしい行動が今の彼ら・彼女らの状況から書け離れていれば行動に移してくれません。人を行動させられないということはつまり集客につながらないということです。

だから、今書いているその文章がどういう状態にいる見込客をどういう次のステップに動かそうとしているのか、それをしっかりと理解した上で文章を書くことが大事だというのです。

「その文章を通して理想の見込客にどうしてほしいの?」

これは私が良くクライアントさんに投げかける言葉です。

例えば、一生懸命文章を書いたとしても、3000万円の家をそれだけで売るのは現実的ではありません。

文章ができることは、3000万円の家を買ってもらう為の第一歩を踏み出してもらうところまで。つまり、理想の家を建てる為のセミナーに参加してもらったり、モデルルームに来てもらったりなど。

ここを見誤ると良い文章でも集客できなくなるのです。

だから、「写経」をする際に、その文章のオファーに注目してください。そして文章全体を見て、そのオファーに向けてどういう言葉を選び、どういう構成になっているのかを見るのです。

オファーそのものもみてください。

人が行動をするというのは並大抵ではありません。例えば本を読むという行為に関しても、始めるまで時間が掛かるということはないでしょうか?

すでに買った本でもそうなのに、これから買わなければならないものに関してはより行動が鈍るのは仕方がないことです。

だから、それを知っているコピーライティング能力のある人が書いた文章は「思わず行動しなければならない」と思わせるものになっているはずです。

そういうオファーの仕方を「写経」を通して学ぶのです。

【写経にオススメな本】

国内の成功事例付きなので、事例を「写経」しましょう。

ビックリするほどよく売れる超・ぶっとび広告集
アメリカの事例ですが、様々なぶっ飛んだ事例が掲載されている本。「普通じゃない事例も写経したい」という場合はこちらがおススメ。もちろん2冊とも写経することでどちらも抑えることができます。

コピーライティング能力を高めるステップ3.書いて、見せて、分析する(結果がすべて)

そして最後はもちろん・・・書くことです。

顧客を理解し、写経で得たものを実際の文章にする。これは何物にも代えられないコピーライティング能力を伸ばす重要な要素です。

そして、書くだけではもちろん意味がなくて、書いたものを自分の理想の顧客に見せましょう。

その反応を見ることで、それが良いものかどうかが分かります。

良いもの=結果が出るということ

良いものであればより良くし、

良くなかった(=結果が出なかった)のであれば、それを良くする為に分析し、書き直してみましょう。

そうやって分析し、書き直していった中で、あなたの文章を見る目が養われます。

それがコピーライティング能力を高めるのです。

とは言っても、分析を自分で行うのは難しい・・・。

そういう場合は、プロに相談してみてください。

宮城県仙台市・塩竈市のコピーライター鈴木貴之のコピーライティングの詳細このページでは当社が提供するコピーライティングの詳細についてお伝えしております。 当方が提供するコピーライティングとは何なのか? 一...

 

BTCビジネスソリューションズ

営業時間:9時から21時(日曜・火曜日定休)
〒985-0024 宮城県塩釜市錦町4-3
090-6686-4443

稼げるホームページの作り方
サービス一覧
お客様の声
お問合せ
・電話でのお問合せ 090-6686-4443