クライアントのご感想

エクステリア工事の経営者のWEB集客をサポートした結果

こんにちは。 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。

2019年1月に最初のコンサルティングを開始し、現在このような結果を出されているエクステリア工事の一人親方をされているクライアントさんがいます。

最初に来られた時の相談内容は「今は大手のハウスメーカーの下請け仕事ばかり。これからは地域密着型の個人のお客様相手に商売したい」とのことでした。

でも「HPやインスタグラムで発信をしているのですが、なかなか集客できません」とのこと。

そこで、私はこのようなアドバイスを行いました。

エクステリア工事で個人の顧客を得る為のWEB集客

先にこの方のサイトを見させていただき、私がしたアドバイスは下記のような感じ。

消費者が検索するキーワードで上位表示されるか?

「地域密着型の個人のお客様相手に商売したい」とのことなので、重要なのは消費者が検索するキーワードで上位表示されるかどうか?

これは実際にそのキーワードを知っていれば検索してみれば分かります。

この方の場合は「地名 エクステリア工事」などで検索しても上位に表示されていませんでした(ご自身の地名&業種で検索してみてくださいね)。

この問題に対する対応は3つあります。

1)検索に強いサイト作成

2)Googleマイビジネス対策

3)SNS対策

それぞれを詳しく説明していきますね。

1)検索に強いサイト作成

サイトの構築時にあらかじめ検索に強い形で作っていくことは現代では必須となります。

デザイン性は二の次。消費者に使い勝手の良いサイトを作っていくことが大事です。使いにくいサイトはすぐに離脱され、お問い合わせにまでつながりません。

2)Googleマイビジネス対策

地域検索ではGoogleマイビジネス対策をしているかいないかで集客に大きな影響を及ぼします。

詳しくは下記の記事で。

Googleマイビジネスをお店の集客に活かす方法  Googleマイビジネスを導入すべき5つの理由こんにちは! 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。 当方では「Google My Business(Googleマイビジネス...

3)SNS対策

特に若い人を集客しようと思った時に外せないのがSNS対策。

SNSの検索をGoogle検索のように使用する人もたくさんいます。

だから、

①地域名&業種(やその他の検索されるキーワード)を各SNSで検索されたときに、少なくとも検索結果に表示されるか?

②表示された投稿が、検索した消費者にとって興味のある内容になっているか?(プロフィールを見てみたいと思わせたり、サイトの各ページへのリンクをクリックしたいと思うか?)

となっているかをチェックしてください。

これら3つの対策ができれば、ネット上で見つけてもらえる可能性は高くなります。

競合他社との違いは何か? なぜあなたにお願いしないといけないの?

次に、検索された後の話です。

検索された結果、必ずあなたを含めた複数の同業者が検索結果に表示されます。

高価格帯の商品であればあるほど、まずは上位表示されている会社のサイトに訪れ、そこで何が書かれてあるか読まれるようになるでしょう。

それを読んで(あなたのサイトに訪れたことで)、その人はあなたのサイトを見ている時に「お願いするならこの人にしたい」と思うかどうか。

なぜ他の同業他社ではなくて、もしかしたら地域で最安値ではないかもしれないにも関わらず、あなたに今お願いしないといけないのか?

(↑これ、すごく重要な質問です!!)

これに対する答えがあるかどうかが大事なのです。

多くの場合、エクステリア工事の会社が言っているのは「うちはすごい!」だけ。これでは他社と同じです。

そうではなく、「あなたがもしこういう人であれば、うちがベストの選択ですよ。でももしあなたがああいう人であれば、他を選んだ方がいいでしょう」とはっきり言えるかどうかが大事です。

100人いたら100人全員にとってうちはベストな選択です、は現実的にあり得ませんので、それは嘘になります。それでは集客できません。

この問題を解決する方法は2つ。

1)ウリを明確にする

2)ランディングページの作成

詳しく説明しましょう。

1)ウリを明確にする

もしあなたが何かを探していて、「どこに頼んでも同じ」だったらどこから買うでしょうか?

おそらく、一番安いところからじゃないでしょうか?

1円でも安い遠くのガソリンスタンドに行ったり、より安いスーパーに行ったりするのはその心理です。

でもそれは商売としてはきつい。

いつも地域で一番安いは特に一人親方にとっては絶対にとってはならないポジションです。

だから、そうならない為に必要なのがウリです。

ウリとは他社との違いです。

もっと言えば「他社には提供できない(と思われる)ものをこの人なら提供してくれる」という期待。

「自分が欲しい未来をこの人に頼めば得られる」という確信です。

決して「地域で50年の実績!」とか消費者にとってどうでもいいことではありません。

なぜこの人に頼むと自分の欲しいものが得られるか。それがしっかりと伝わるのがウリです。

ちなみに、「顧客が欲しいもの」とは決して「エクステリア工事の結果」そのものではありません。その先にあるもの。それを理解できるかどうかなのです。

だから、営業で「顧客が言うこうしたい」をそのまま聞いてはダメだということです。「なぜそうしたいのか?」までを聞かないと、本当の意味でそれが必要なのかどうかが分かりません。またもっと良い提案ができるかもしれないチャンスを逃しているのです。

消費者は自分の欲しいものを言語化するのが苦手な場合が多いです。だから、それを知ることが必要です。そしてそれこそがウリの言葉を見つけるカギになるでしょう。

2)ランディングページの作成

ウリを確立したら、それを伝わりやすい順序で並べ替える。

そうしてグラフィックやデザインを追加したのがランディングページです。

ここに訪れてもらい、お問い合わせをしてもらう。

それがWEB集客できるかどうかの境目です。

だから、ランディングページの役割は「お問い合わせをしてもらうこと」。

それがより高い確率でしてもらえるのが良いランディングページです。

地域の人をネットで集める順序

地域の人をネットで集めるには、

 A) 地域の人に見つけてもらう
B) サイト上でこの人にお願いしたいと思ってもらう
C) 見積り → 営業

という流れとなります。

この流れが自社にあるかどうかを振り返ってみてください。

なければそれを作ればよいのです。

でも作る際は逆の順序で作りましょう。

まずは営業に行ってちゃんと契約が取れるようにウリを確立すること。

次にWEBから連絡を貰えるようにするためにランディングページを作ること。

そうしたらそのランディングページにアクセスを集める為にアクセスを集める記事をサイトに増やし、Googleマイビジネス対策を行い、SNSで投稿するのです。

つまり、それらの対策はすべてランディングページへアクセスを流すのが目的です。これができて初めてWEBから集客できるようになります(SNSだけ顧客フォローの側面があります)。

エクステリア工事の受注をWEBから増やす為の教材

上記の内容を一つ一つ実践していく為に、下記の教材の学習をお勧めします。

①Googleマイビジネス対策
https://coconala.com/services/707657

② 自社サイト集客
1)サイト集客の全体像を把握する
https://coconala.com/services/79586
まずは全体像を把握することで、一つ一つの細かい施策の意味を理解する。

2)圧倒的な差別化を生むお店のウリをつくる https://coconala.com/services/198180
消費者に伝わる形でのお店の独自性を見つける。

3)ランディングページ作成
https://coconala.com/services/454054
商品/サービスごとのランディングページをノウハウに沿って作成し、その人にとってあなたところに頼むことがベストな選択であることを理解してもらう。

4)アクセスを集める記事の書き方講座を販売します https://coconala.com/services/519653
ランディングページにアクセスを流す記事を作る

もし、最初からコンサルティング付きで学びたいという場合は
5)90日間集客ブログ作成プログラムを。
https://coconala.com/services/71452

 

もし、一人で考えるよりも相談して進めたい、という方がいましたら下記から無料相談にお申し込みください。

BTCビジネスソリューションズ

営業時間:9時から21時(日曜・火曜日定休)
〒985-0024 宮城県塩釜市錦町4-3
090-6686-4443

稼げるホームページの作り方
サービス一覧
お客様の声
お問合せ
・電話でのお問合せ 090-6686-4443