グーグルマイビジネス

グーグルマイビジネスでのスパムの種類とその対策

グーグルマイビジネス出のスパムの種類とその対策

こんにちは! 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。

グーグルマイビジネスは非常に優れたツールです。

実際、私のクライアントさんは大都市圏でグーグルマイビジネスを活用することで忙しくなり、コンサルティングのやり取りができないくらいになっています。

グーグルマイビジネスに関しては下記にいくつか記事を書いていますので、ぜひ目を通してみてください。

グーグルマイビジネスでできること
グーグルマイビジネスに登録することでお店ができるようになることこんにちは! 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。 当方では「Google My Business(グーグルマイビジネス)の...
Googleマイビジネスをお店の集客に活かす方法  Googleマイビジネスを導入すべき5つの理由こんにちは! 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。 当方では「Google My Business(Googleマイビジネス...
ローカルファインダーランキング要素2018
より多くの地元の人にお店を知ってもらうには?【グーグルマイビジネス活用】こんにちは! 鈴木貴之(@shiogamabtc)です。 スマホでGoogle検索をするとスマホの位置情報を利用して、「ローカルフ...

 

これだけ便利なグーグルマイビジネスですが、このツールを導入しないことで起こるデメリットがあります。

それは上記の記事の中でも伝えていますが、スパム的な投稿をしたり、嘘の情報を流す人が出てくるということです。

そういう卑怯な人たちと戦う為にもどんな種類のスパムがあり、どう戦えばよいか(対策を取ればいいのか)というこの記事では話をしたいと思います。

それを知ることで、具体的にスパムが自店にとってどんな影響があり、そしてそれがいかにご自身の事業にマイナスとなるかを知ることができるでしょう。

 

グーグルマイビジネス・ローカル検索におけるスパムの種類

BrightLocalというサイトでアンケートを取った結果、下記の順でグーグルマイビジネスにおけるスパムが発見されているそうです。

参照:How often do you see spam within Google local search results?

①偽物のレビュー

これは最もよくグーグルマイビジネス上で見られるスパムで、二つの種類があります。

(1)あなたのお店に対する偽物の”悪い”レビュー

これは言わずもがなのもので、あなたのお店に対して顧客でもないのに悪いレビューをつけてくる行為のことです。

もちろん、あなたのお店に来て、そして悪いレビューをつけられたのであれば真摯に対応し、そして反省する必要があるでしょう。

しかし、全く関係なくても、あなたのお店に行ったことも何かを買ったことがなくてもレビューができる仕組みになっています。

しかし、悪意のある不適切なクチコミに対する警戒をGoogleも持っています。ユーザー体験が悪くなってしまうからです。

不適切なクチコミを報告する

Google のクチコミに関するポリシーに違反しているクチコミは、Google マイビジネスのリスティングから削除できます。ご自身のリスティングに投稿された不適切なクチコミを報告する場合は、以下の手順をご覧ください。

Googleヘルプページ

しかしながら、悪いクチコミ自体を消すことはできません。あくまでもスパムだけです。

ポリシーを確認: Google のポリシーに違反するクチコミだけを報告してください。内容に不満があったり気に入らなかったりしても、そうした理由ではクチコミを報告しないでください。特定のユーザーが持つ感想については、販売者とユーザーのどちらの見解が正当かを確実に判断する方法がないため、両者の意見の相違について Google が関与することはありませんのでご了承ください。事前にポリシーを確認したうえでクチコミを報告していただきますようお願いいたします。

Googleヘルプページ

(2)あなたの競合のお店に対する”良い”レビュー

こちらも行ったこともないのに、良いレビューを残すことができます。

これも一種のスパムですね。

海外の業者では何台も携帯を準備し、それぞれにGoogleアカウントを取らせ、組織的にレビューを操作しているところもあるそうです。

さすがにGoogleで検索しても出てきませんが・・・。

②検索キーワードを使ってグーグルマイビジネスのビジネス名をつける

グーグルマイビジネスのガイドラインには名前についてこのように書かれてあります。

名前

店舗、ウェブサイト、事務用品などで継続的に使用し、顧客に認知されている、実際のビジネスの名称を使用します。正確なビジネス名を入力すると、ユーザーがオンラインで検索するときにお客様のビジネスを見つけやすくなります。

ビジネス情報の他のセクションに、住所、営業時間、カテゴリなどの詳細情報を追加できます。

たとえば、東京都港区に 24 時間営業の「グーグル コーヒー」という名称のコーヒー ショップのリスティングを作成したとすると、ビジネス情報は次のように入力できます。

ビジネス名: グーグル コーヒー
住所: 東京都港区六本木 1-2-3-45
営業時間: 24 時間営業
カテゴリ: コーヒー ショップ
ビジネス名に不要な情報を含めることはできません。含めると、リスティングが停止される可能性があります。ビジネス名に含めることができる情報とできない情報については、以下の例をご覧ください。

以下の例の「不可」に示すような名称はすべて許可されません。

名前に含めてはならない情報

マーケティング タグライン
不可: 「グーグル銀行-日本一便利」、「グーグル薬品気合いだ!」
可能: 「グーグル銀行」、「グーグル薬品」

※ その他の「名前に含めてはならない情報」については下記を参照のこと
Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン

※ 赤太字は筆者

さて、こんな風に書くと「本当にそんなことする人いるの?」と思うでしょう。いるのです。こちらを見てください。

「東京 肩こり」で検索すると出てくるリスティングの一部です。

多くの院では真面目に名前だけ登録していますが、このスクリーンショットのようにガイドライン違反をしたビジネス名をつけている院がまれにあります。

グーグルマイビジネスのビジネス名スパム例

幸い大して上の方にいないのが慰めですが、これで上位表示されていたら最悪のスパムです。

実際海外の事例では検索キーワードをビジネス名に入れることで一夜で上位表示される例もあるようです。だからと言ってそれを実際行うことは劇薬と一緒でアカウント凍結の可能性がいつもあることですので、決して真似しないことをおススメします。

しかしながら、これは逆に言えば「店名にキーワードを含む」ことが非常に有効であることを示しています。もしあなたがこれからお店を始めるというのであれば、「店名にキーワードを入れる」ことを検討してみてください。

③ひとつのビジネスで複数のリスティングを取っている

これは私自身が日本国内で確認したことはありませんが、海外では結構あるようです。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する」というGoogleのページにはこのように書かれてあります。

ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度といった要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

関連性
関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

距離
距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

知名度
知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

Google では、掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキング システムを構築するために機密情報となっています。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する

※ 赤字は著者

ある場所でユーザーがあるキーワードで検索した時にGoogleがローカル検索結果の掲載順位を決める為のシグナルになるものの重要な指標のひとつが「距離」です。

だから、スパマーは考えるわけです。

「関係ないところにビジネスがあることにして登録してしまおう。近くにで検索した人に検索されて、電話してきたらきちんと存在するビジネスに誘導しよう」

その為、本体は同じビジネスなのに、複数の場所でリスティングを登録することがあります。

ですがそういうビジネスは実際その場所に行くと何もありません。ユーザー体験としては非常に悪いものになるでしょう。

しかしローカルユーザー・事業者がレポートしない限りなかなかGoogleにはフェイクと分かりづらいのも事実です。

 

 

グーグルマイビジネス上でスパムと戦う方法

A. フェイクレビュー

まずはGoogleのクチコミのポリシーに違反しているかこちらから確認しましょう。

(違反していないクチコミは報告しても対応してくれません)

不適切なクチコミだと分かったら、下記の方法で報告しましょう。

アカウントで不適切なクチコミを報告する

クチコミに関する Google ポリシーに違反すると思われるクチコミは、削除の対象としてリクエストできます。報告されたクチコミは審査され、場合に応じてリスティングから削除されます。

パソコンの場合

1. Google マイビジネスにログインします。
2. リスティングが複数ある場合は、管理する場所を開きます。
3. メニューの [口コミ] をクリックします。
4. 問題を報告するクチコミを見つけ、その他メニュー 、[不適切なコメントを報告] の順にクリックします。

モバイル

1. Google マイビジネス アプリを開きます。
2. [顧客]、[レビュー] の順にタップします。
3. 報告するクチコミを見つけ、その他メニュー 、[不適切なクチコミを報告] の順にタップします。

Google マップで不適切なクチコミを報告する

1. Google マップを開きます。
2. ご自身のビジネス リスティングを見つけます。
3. 問題を報告するクチコミを見つけます。
4. その他メニュー 、[不適切なクチコミとして報告] の順にクリックします。

不適切なクチコミを報告する - Googleマイビジネスヘルプ

 

B. 名前が不適切な場合、その場所に存在しないビジネスの修正依頼

 

1. Google マップを開く。

2. 報告するビジネス情報を表示(ここでは公園を例として選択しています)。

グーグルマイビジネスのフェイクビジネス報告方法

3. 「情報の修正を提案」をクリック。

4. 名前が不適切な場合は「名前まてゃその他の情報を変更」をクリックし、情報の修正を提案。
その場所に存在しないビジネスの報告は「閉業している、または存在しない場所」 をクリック。

グーグルマイビジネスのフェイクビジネス報告方法2

5. 指示に従って内容を入力。

6. 「送信」 をクリックします。

 

グーグルマイビジネス・ローカル検索のスパムとの戦いは、地域ごとに差があるでしょう。

しかし、スパム気質のビジネスがある場合は、定期的なチェックが必要です。

定期的に自身で「ローカル検索」を行い、チェックしていきましょう!!

 

追記 2019/6/9 Googleマイビジネスを悪用する悪徳業者

Googleマイビジネスを登録し、管理していないとこんなことも起こります。かなり衝撃的な内容ですので、ご覧になる時は注意してください。

 

 


とは言っても、一人で対策をしつつスパムと戦うのはきつい・・・。そういう時は誰かにお願いするというのも一つの手です。

しかし、誰に頼んでも良いということではありません。なぜなら、こういうスパムと戦える力があるかどうかということも重要だからです。

下記の記事では、どういう人にお願いすればよいかということを記事にまとめてあります。これを読むことで「力のない業者」に頼んでしまう確率はグッと減ります。

[clink url=”https://shiogama-website.work/whotoaskyourmeo/”]

 

1日3分集客 最新情報

 

BTCビジネスソリューションズ

営業時間:9時から21時(日曜・火曜日定休)
〒985-0026 宮城県塩釜市旭町17-7-206
090-6686-4443

稼げるホームページの作り方
サービス一覧
お客様の声
お問合せ
・電話でのお問合せ 090-6686-4443